懐古

- her old days -

MAJORETTE  REAULT CLIO SPORT

FRANCE / THAILAND

ちろん実車デザインのトレンドを受けてのことだけれども、
昔と比べて、マジョレットもずいぶんと円やかなつくりとなった。

70年代仏嬢の、グリルやシャーシーがメタル、
皮膜が薄く金属っぽい塗装では、今のクルマは表現しえない。
子どものオモチャとしてのCEマーク認定の都合以上に、
マジョレット自身が、長い年月をかけて変わった印象がある。

同時代のトミカの黒箱のように神格化されてはいないけれども、
古い仏嬢には、他には見られない独特の存在感があった。
堅物にして、どこか諧謔的。
ときおり、あのセンスがたまらなく懐かしく思える。


【ルノー17: 73年リリース】


【新作のレッドブルF1】


BGM :なし

Comment 2

Wed
2014.07.02
08:50

かず #YxIVUGL2

URL

独特の存在感

古いマジョレッティは僕もいくつか持ってますが、ジャガーにしてもベンツにしてもワーゲンにしても、マッチボックスの同モデルとはちょっと違ったエスプリを感じるのは単なる思い込みでしょうか。
近年のマジョは次第にトミカ化したテイストを感じています。

Edit | Reply | 
Wed
2014.07.02
23:27

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

テイスト

いやいや、かずさんの思い込みではなく、確実に違ったテイストがありました。実はマジョレットのほうが、同時代のマッチボックスより、デフォルメの度合いが少なかったりします。一方で、色つきウインドーを使ってたりして、トミカよりオモチャとして遊んでいる部分が大きい。リアル路線にしてキッチュ。
転がりが悪かったのが、最大の欠点でしょうか。

>次第にトミカ化したテイスト
グローバリゼーションとかいうやつでしょうかねえ。
エスプリという点は、兄弟ブランドたる3インチ・ノレヴが引き継いでいると思います。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?