見つからない

- Manta A -

SCHUCO  OPEL MANTA A SR

MADE IN GERMANY

シュコーによる、マンタAのSR。

ボンネットが黒く塗られ、ホットバージョン風に仕立て上げられた個体なので、製造番号801849だ。
ちなみに、ノーマルSRの製造番号は801839。
今回入手したモデルは、1/66シュコーのレーシングカーモデルに使われている黒鉄色のシャーシーとなっている。
とはいえ、801849にも銀色のシャーシーの個体があり、黒鉄色シャーシーが849の特徴というわけではない。

90年代に発行されたコレクターブックによると、801839をノーマルのマンタA、801439をマンタA SRとしているけども、シュコー社がそう設定したという記録は、今のところ見つけることができない。



【左:801839、右:801849】


BGM : なし

Comment 15

Sun
2015.11.22
18:25

playartist #-

URL

No title

どうも、こんばんは。
私の持っている黄黒ボディは、シャーシ刻印が839/SR、カードが849/SRでした。
ちなみに、マンタの別モデル(黄黒)では、シャーシ刻印が839/Lと849/GTEの併記、カードが849/GTEでした。
シュコーはカードにもモデル名の設定でバリエーションがあるので難解ですね。ボディ色とモデル名がうまく組合わさればすっきりするのですが、そうならないモデル群もいくつかあるように思います。
ところで、上記のように私の保有モデルで見る限り、SR系のボディには刻印が849のモデルは無いようですが、「製造番号」はカードをベースに考えられているのですか。

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
12:50

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

ボディ色

はじめまして、playartistさん。
当方は、ボディ色から製造番号を判別しています。
情報源は、1995年刊行の「SCHUCO - Sammlerkatalog 1:66/1:43」(R.SCHTTE著)です。シュコーの金型を使ったノレヴ1/66版やブラジルのRei版まで丹念にカバーした本です。
http://www.amazon.de/Schuco-Sammlerkatalog-66-43-Sch%C3%BCtte/dp/B00CH09BJM

同書では、製造番号別にボディ色などのバージョンが示されており、マンタAの場合、ダークオレンジは839番、黄黒ボディは849番となっています。839と849でかぶっているボディ色はありません。
ご指摘の通り、シャーシーの刻印はいずれも839となっているので、SCHTTE氏は、カードをベースに分類しているのだろうと思います。

「そうならないモデル群」も大変気になります。
同書で確認してみますので、どのモデルかお示しいただけますか?

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
21:24

playartist #-

URL

シュコー (1/3)

どうも、お返事ありがとうございます。
まず、実はコメントは今回が初めてではなくて、前回の名前を忘れてしまったので書込欄のすぐ横にあったブランド名から安易に取りました。
大変失礼致しました。
ちなみに、プレイアートは大好きです。
ですから、これからは書込む際にすぐ横を見れば思い出せると思います。

シュコーについてですが、私の全く個人的な分類法は以下の通りです。
まず、シャーシの刻印を基準に品番と車種名を設定します。
複数の車種名が併記されている場合も多いと思います。
次に、各々の車種にどの車体色が割当てられているのかを、付属のカードで確認します。
但し、私は全て中古で入手していますので、本体とカードが差替えられている可能性は否定できません。
ですから、ここの部分は発売時にメーカーが意図した組合せのままであるとの「推定」です。
そして、カードの名称は刻印の名称と細部が異なっている場合や種類が多い場合もあるので、カードの名称を「車種名」とは別に「モデル名」として全く個人的に分類しています。

長くなりましたので3分割致します、申し訳ありません。

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
21:32

playartist #-

URL

シュコー (2/3)

ここまでをまとめますと、
例えば、刻印の品番と車種名が2種、カードの品番が2種でモデル名が4種、車体色が4種ならばすっきりするのですが、モデル名と車体色の数が合わない場合があり、それを指して「そうならないモデル群」と表現させて頂きました。
ですから、同じ品番(カード基準)で車体色が複数あるというのは、今回のマンタは該当しませんが、他では珍しくないと思います。
補足1
「メーカーが意図した組合せのままである」と申しましたが、仮にそう推定したとしても、オークションの出品物等を見ますと、実際にはそもそもモデル名と車体色の組合せは個体によってばらつきがある場合もあるようです。ですから、中古を収集する者としてはこの車体色はこのモデル名のカードが付属する個体を購入しようという風に逆に縛りをかけているのが実情で、手順が逆になってしまっています。
但し、基本的に2種展開のモデルにはまずばらつきは見られないようです。この事からも「推定」がおそらく間違ってはいないのではないかと思っています。ばらつきがあるのは、ポルシェ911/914/917、VWビートル/バン等で少数派だと思います。
補足2
以下のような細かいバリエーションは、ここでは考慮していません。
カード(品番の3桁表示、色違い、サイズ違い)
車体色(特注モデル、地色の微妙な違い、競技車や作業車等のグラフィックの微妙な違い)
内装色
ホイール(フォードトランジットや大型作業車等)
補足3
当然なのですが、今後に新発見の可能性もある訳で、そうすると現在の整合、不整合も変化してくると思います。

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
21:36

playartist #-

URL

シュコー (3/3)

やっと、本題に入ります。
表は以下のように見て下さい。

モデル群名(刻印の種類数、カードの種類数、車体色数)
左から、刻印の表記、カードの表記、車体色

競技車や作業車等は安定していますので、基本的に省略しています。
ところで、今回整理しましたら、モデル名と車体色の数が合わなくても、
モデル名の方が少ない場合は組合せが確定できそうな気がしてきました。
本当にわからないのは、ポルシェ914だけになりました。
その他にも興味深そうな例を挙げてみましたので、ご確認頂ければ幸いです。

ポルシェ914(2/2、2/4、3/水、緑、橙)
※マナウス製は除きます。
826/914S  826/914S    水(仮)
          826/9141.7  緑(仮)
827/9146  827/9146    橙(仮)
          827/9142.0  
→モデル名の方が多いので、組合せの確定は難しいです。

ポルシェ911(1/1(×2)、1/1(×2)、3/赤、赤M、銀)
※ボディ2種(ナロウ=911S/ビッグ=カレラ)あり、刻印は個別表記。
813/911S  813/911S  赤、赤M
813/カレラ   813/カレラ   銀
→ビッグバンパーは銀しか(またその逆も)見た事が無いので、確定できそうです。

VWバン(2/2、2/2、5/朱、銀、白、青、青M)
※ボディ2種(横窓有=バス/無=トラポ)あるが、刻印は両方に2種併記。
910/バス   910/バス   朱
911/トラポ  911/トラポ  銀、白、青、青M
→横窓有は朱しか(またその逆も)見た事が無いので、確定できそうです。

ポルシェ917(2/2、2/3、2+1/青、銀)
843/ガルフ   843/ガルフ   青ガルフ
          843/***   青エッソ
854/マーティニ 854/マーティニ 銀マーティニ
→車体色(地色)は2種ですが、スポンサーが異なります。エッソのカードにはスポンサー名の表記はありません。このパターンで他のバリエーションはありそうでしょうか。

BMW1600/2002(2/2、2/3、3/銀、黄緑、橙)
808/1600  808/1600  銀(仮)
          808/1602  黄緑?
809/2002  809/2002  橙(仮)
→モデル名と車体色の数は同数ですが、ばらつきの多いモデル群で、確定が難しいです。

VWビートル(1/1、2/3、3/赤、黄、青M)
818/1302S 818/1302S  赤(仮)
          818/1302L  黄(仮)
          832/1302*  青M(仮)
→モデル名と車体色の数は同数ですが、ばらつきの多いモデル群で、確定が難しいです。
→そしてマンタAと同じく、刻印には無い品番をカードで設定しているパターンでもあります。こちらはモデル名が異なりますが、マンタA(朱=ノーマル版)のカードのモデル名は「マンタA(もしくはマンタのみ)」の表記なのでしょうか。

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
23:09

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

中古品

実に面白い。大変興味深いお話ありがとうございます。
本件、じっくりと取り組みたいと思いますので、少々お時間をいただけますでしょうか。

一点だけ、先にコメント。
「本体とカードが差替えられている可能性」……これ、実際に何度か出くわしたことがあります。
シュコー1/66のケースってバラバラになりやすいので、その際間違ったカードを入れられちゃう、中古品はこれがこわいです。914-1.7と914/6で間違えられたら目も当てられない。
だからこそ、新品で揃えていた先達コレクターさんの情報は、とても価値があるものです。

……かくいう当方は、子どもの時分、シュコー1/66の場合、すべてケースもカードも捨てていましたこと懺悔します。

Edit | Reply | 
Tue
2015.11.24
00:47

playartist #-

URL

細かい点など

どうも、早速のコメントありがとうございます。
私も差替の可能性について一言。

私はケースへの収納の仕方を結構気にするのですが、シュコーの場合、ケースの裏側に刻印されている「MADE IN GERMANY」を右下にした状態でカードの上下が正しくなるように収納しています。しかし、今まで入手したモデルは必ずそれが逆になっていました。例外はほぼ記憶に無い位です。スポンジが無くなっているような物でも同様でした。もちろん、適当に差替えた場合でも確率は1/2ですので、これをもってどうこうは言えないのですが、何となく結構そのままの状態を保っているんじゃないかと思っていました。

と、ここで気付いたのですがケースとカードはそのままでも、モデルが入替る可能性は十分にあるんですね。特に同系統のモデル群を鑑賞していたり、出品の準備をしている時などは。ただ上記のような細かい事をせっかく書いたのでこのまま送信させて頂きます。
ところで、「何度か出くわした」というのは、「正解」が明確だったので判定できたという事でしょうか。全く別系統なら可能ですが、同系統ですと出荷時からなのか、流通して以降なのかの判定が難しくはないでしょうか。そういう理由で、私は明白な違背がない限り「推定」という事で一旦は全てメーカーの意図した正しい組合せとしておいて、その中から自分の欲しい組合せを狙って入手するという倒錯を来しています。そして、その欲しい組合せがどれなのかが確定できないという楽しい状況ではあります。

それでは、次回はゆっくりとお待ちしております。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
01:42

ワイキキ #-

URL

まずは914

先のコレクターブックの引用です。
まずは914から。

301 826 PORSCHE 914-1.7
・青
・白

301 827 PORSCHE 914/6
・黄/黒
・オレンジ/黒
・深緑/黒

826は計2色のバリエーション、827は計3色。
ただし、moon's Schuco-Modell collectionによると、
826には緑も存在するようですね。
http://www.moon-s.de/schuco/thumbnails_e.html

当方のこれまでの認識では、シュコーは、ある車種のベーシックグレードは単色、上位グレードはツートンカラーで塗り分けて、製造番号を変えているのかなと、ずっと思っています。

コレクターブックには、カードに、
914-1.7と914S
914/6と914 2.0
の4種類があるという記載はありませんでした。
というか、同書にはカードについてそもそも言及がありません。
想像ですが、ひょっとしたら、シュコーの経営母体が変わった76年あたりで、914-1.7→914S、914/6→914 2.0に、カードの表記が切り替わったのかも。

Edit | Reply | 
Thu
2015.11.26
00:26

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

マンタA

お返事が遅れましたが、301839のカードに、
「Opel-Manta SR」
と記されているのを確認しました。
コレクターブックの著者らが「Manta」のみとしている理由がわかりませんね。
しかも、301839の場合、76年にはマンタBにかわっているので、カードの記載変更というケースが当てはまらない。

>「何度か出くわした」
まるっきり違う車種のカードが入っていました。オペルなのにベンツだとか。

Edit | Reply | 
Thu
2015.11.26
01:30

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

訂正

moon's Schuco-Modell collectionのリンク先にある掲示板を見ると、もっと多数のバリエーションが示されていますね。
http://www.kleine-massstaebe.de/index.php?page=Board&boardID=26&s=d4e34629036c6df89d31ae8c1af794d8ff78bb9f
ただ、この掲示板、914に関しては分類があやふやな気もします。

カードの流れは、
914-1.7→914S ではなく、
914S→914-1.7、914/6→914 2.0 でしょうか。

Edit | Reply | 
Thu
2015.11.26
23:22

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

911

コレクターブックの引用です。

301 813 PORSCHE 911S
・橙赤
・赤
・メタリック赤
・白

301 813 PORSCHE 911 Carrera
・銀

例によって、moon's Schuco-Modell collectionを参考にすると、911Sには青と緑も存在するかも。
そしてCarreraには、301 835のカードも見られる。835って、911Sのレースバージョンに与えられていたナンバーです。Carreraにもレース仕様が予定されていたということでしょうか。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
00:38

playartist #-

URL

詳細な情報ありがとうございます(1/2)

どうも、こんばんは。

914について。
全部で6色ありそうという事ですね。
青は私の分類でいう「水」として、私の知らなかった白と黄/黒があり、さらに緑の単色があるという事でしょうか。
ちなみに、この緑は深緑/黒の深緑とは別の色ですか。
リンクのページ(私も承知していました)では、見当たらないのですが。
ただ、モデル名の数以上に車体色の数があるというのであれば、私としては問題解決致しました。ある1つのモデル名に対して、複数の車体色があるという通常の解釈が出来ますので。どうもありがとうございました。

塗分けについては、確かにワイキキさんの仰るようなイメージがありますね。他では、アウディ80などに同品番/同モデル名で単色/塗分けのバージョン違いがありました。

モデル名の変遷については、刻印を基準にするとやはりご訂正の順番でしょうか。リンクのページ、掲示板は知らなかったのですが、かなり情報量がありそうですね。あとで、ゆっくりと読んでみます。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
00:41

playartist #-

URL

詳細な情報ありがとうございます(2/2)

マンタについて。
以下のように考えてみました。
まず、「A」「B」というのは、正式名称ではなく、コレクターの便宜上の分類ですよね。
ただ、SR(A)とL/GTE(B)では明確に車種名が違うのだからその必要は無い気もします。
一方で、同じモデル名のSR系内部では、839赤=SRa、849黄黒=SRbとでもすればわかりやすい気がします。
しかし、マンタには全くの別キャストが同品番で重複しているという重大な特殊性があります(他にこのような例はあるのでしょうか)。
そうすると、シュコーは同キャストを複数のモデル名で展開しているので、それらとの区別ができなくなる事から、共通の名称である「マンタ」の直後に記号を与えて別キャストである事を明確化した。
ここで、SR系を上記のようにさらに分類すると、後付けの記号が多くなるので躊躇した。
と、いう感じです。
個人的には、品番が違うのだからモデル名はそのまま同じでもよかったのではないかと思いました。
一方で、「シュコー社がそう(別のモデル名を)設定し」なかった事にも問題があったのではという気はします。もちろん、どんなエラーも不合理も原典、現物こそが真実なんでしょうが。とりあえず、刻印の段階では1品番1車種だった点は気になります。

それでは、今回は長々とおつきあい頂き、ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
23:40

ワイキキ #aenvJJGQ

URL

補足

マンタについて一点補足しますと、「A」「B」は、実車の通称です。マンタAはイコール初代マンタ、マンタBは二代目マンタ。オペル特有?の表記です。
明らかに世代が違うので、同じ製造番号で扱うのは本来紛らわしいです。ナローの911Sとビッグバンパーのカレラがともに301813となっているのも同じケースですね。

あ、待て、待て。
考えてみれば、トミカではそういうケースは普通ですね。
5-2は初代ソアラで、5-3は三代目ソアラ。

シュコーは、1品番1車種(実車の世代違いも含む)とし、ラインナップを多く見せるために、ホットモデルには別の品番をつけた、といった感じでしょうか。

Edit | Reply | 
Sat
2015.11.28
14:27

playartist #-

URL

No title

マンタA、B、思い出しました。
そうでした、随分以前に調べた記憶があったのに。
ポルシェ911、全くその通りです。忘れていました。

色々見当違いでお恥ずかしいです。
それと例の掲示板、文章中心かと思っていたのですが、むしろ完全にデータベースのようですね。moon's Schuco-Modell collectionの方は、概ね日本国内でも見れるバリエーションでしたが、こちらは非常に参考になりそうです。よく勉強し直します。
それでは。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?