軽さ

- weight -

MAJORETTE   LAMBORGHINI GALLARDO

FRANCE / THAILAND

日、まとめてミニカーを譲ってもらった中にあったマジョレットのガヤルド。

初期エディションのオレンジはすでに持っていたものの、今更ながら違和感に気付いた。
どことなく軽いし、何かが足りない気がする。

あらためてよく見てみると、シャーシーがネジで留めてあるし、サスのピアノ線が入っていない。
ここ数年の間にリリースされたモデルをチェックしてみたら、アウディR8など、いくつかネジ留版があった。
サス無しは、カシメ留版にも見つかった。






マジョレットのランボだと、
219C レヴェントン ネジ留 サス無 重さ34g
219D ガヤルド ネジ留 サス無 重さ31g
219E アヴェンタドール カシメ留 サス有 重さ33g

実車はともかく、ミニカーとしてはガヤルドが一番大柄で、だけども重量は三台の中で最も軽い。
そして、サスが無いと、手に取った時にプラタイヤが余計に音を放ち、聴覚的にも軽さを感じてしまうというのがわかった。

おそらく、製造工場が変わるなど、身売りによる影響があったんだろうね。



明日は、こんなの。



BGM : なし

Comment 2

Tue
2016.06.21
07:07

通りすがりのマジョ者 #-

URL

失礼させていただきます。

たしか、ネジ止めで、裏面に車のスペックが刻印されているモデルは親会社のディッキーの金型だったと思います。
私の記憶なので間違っていたらごめんなさい

Edit | Reply | 
Tue
2016.06.21
22:43

ワイキキ #-

URL

親会社

ご見解ありがとうございます、通りすがりのマジョ者さん。
当方も全く同意です。

当方は、ディッキーのアウディR8とポルシェ911カレラを所有しており、後に出たマジョレット版も同じキャストであることを確認しています。
ただ、ランボの場合、レヴェントンもガヤルドも、ディッキー版を見たことがないんですよね。
状況証拠的には、ディッキー金型なんだろうなとは思うんですが。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?