南欧/南米

- south America -

NOVACAR  CHEVROLET D-20 PICK-UP

MADE IN PORTUGUL

ヴァカーのカタログでは、PICK-UP CHEVROLETとだけ表記されているモデル。
第三世界的に、ピックアップの類には興味がないので、以前、そのまま紹介したこともあったわけだけど、最近、このモデルについて面白い解釈を見つけた。

元ネタは、シボレーの数あるピックアップの中でもD-20という車種で、同車は、ブラジルとアルゼンチンだけで販売されていた南米専用車らしい。
Wikipediaには2ドアの画像が掲載されているけども、4ドア版も存在する。

【Wikipedia画像より】



ポルトガルのノヴァカーが、何故、南米専用車をラインナップに加えたか?
本家マジョレットでさえ、南米のクルマは一台もないにもかかわらず。
何故?

お付き合いのないサイトからの引用で心苦しいけども、
MAJORETTE ET RAIL ROUTE」の記事によると、ノヴァカーは、ブラジルでもつくられていたとのことだ。欧州のマニア曰く、ブラジリアン・ノヴァカー。
そうであれば、ブラジル車がモデル化されていても納得できる。

ブラジリアン・ノヴァカーは、マジョレットの現地法人が手がけ、面白いことに、南欧製のとは異なり、本家の70年代物と同じような三角ホイールが与えられているようだ。

…… …… ……

南米物ミニカーとして、いつか手に入れたい。






【2010年に紹介したバージョン】


BGM : なし

Comment 2

Sun
2016.07.24
10:15

Joe Steel #WDdQ1Qjc

URL

No title

ピックアップ、と言ってもこんなシボレーのピックアップ知らないなあ、と思ってましたがなるほど、南米専売車だったんですね。Google画像検索で4ドアのD-20を拝見しましたが確かに似ていると思います。

このモデルは日本でも販売されていましたね。
当方が所有しているモデルはルーフにエアダクトではなく、ルーフがくりぬかれガラスウィンドウになっているモデルですが金型が2つあるのか、改修を受けたりしたのでしょうかね。

Edit | Reply | 
Sun
2016.07.24
21:10

ワイキキ #-

URL

日本でも

ノヴァカーからマジョレットへ移行した際、モディファイされているモデルは他にあもあります。
たとえば、メルセデスの500SLは、マジョレット版ではサイドウインドーが省略されました。

プラボディとダイキャストボディでどこまで金型を共有できるのかわかりませんが、シボレーのピックアップも、マジョレット化の際に改修されたんじゃないかなと思っています。
いずれにせよ、ルーツはノヴァカー版にあります。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?