米国の知られざる第一号

- excavation -

AUTO WORLD  PLYMOUTH BARRACUDA

USA / CHINA

レクティブなアメリカンブランドの中で、最も新しいと思われるのがオートワールド。

新規参入だけど、やはりその企画は、旧車が大多数のレトロスペクティブ(後ろ向き)なものだ。
とはいえ、このバラクーダの場合、HWやJLが出していない第一世代、という企画の妙がある。

64年に発売された初代バラクーダは、フォード・ムスタングの陰にかくれた、知られざる元祖ポニーカーと評されている。コンパクトな2ドア・クーペとして、販売開始がムスタングより数か月ばかり早かったとのこと。
ポニーカーの第一号であることもさることながら、ミケロッティやらギアやらをも彷彿とさせる、ヨーロピアンテイストのデザインとなっているのも魅力的であると思う。

こういうキャラの立ったクルマを発掘してモデル化してくれるのは、実にうれしい。
単純なレトロ志向とはまた一味違う、と評したい。





にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?