反逆児として生まれて

- anti‐establishment -

HOT WHEELS  FORD EDSEL

USA / MALAYSIA

内外に4000万人以上いらっしゃるというホットウィール・ファンの諸兄には常識中の常識なんだろうけども、第三世界的に、最近になってようやく気がついたことがある。

その1。
ホットウィールのミニカーって、ブリスターパックに、右向きに入っているのね。ノーズが右側にあるでしょ。
(今さら!)








マッチボックスやトミカは言わずもがな、米国系のコレクティブや香港物でもすべて左向き。
ご承知の通り、クリアウインドーがついた箱型のパケでも左向きが基本だ。
小スケールミニカーだけでなく、1/43の標準スケールモデルやAFXといったスロットカーも左向き。
もちろん例外はポツポツと見られる。小スケールだとマジョレットの一部あたり。


*  *  *


なぜ、マテルのホットウィールだけ右向きなんだろう?
マッチボックスをはじめとする既存ブランドの対抗勢力というキャラクターを打ち出すため、戦略的に反対方向にしたという理解でよいか。


*  *  *

その2。
かと思うと、フェラーリレーサー・シリーズはすべて左向きにしていたりする。






他にも、レトロ・エンターテイメントのフェラーリ・250カリフォルニアは左向きだ。
レギュラーモデルのフェラーリだとやはり右向きなので、コレクティブの場合左向きにするとかの契約があったのだろうか?


*  *  *


結局、マテリズムが市場を席巻して50年近く経っても、左向きというミニカーの伝統を崩すには至らなかった。
右向きはホットウィールのキャラクターとして特筆されるだろう。

かと思えば(2度目)、
復活したシュコーは、右向きを採用していたりする。
マテリズムへのすり寄りか、別の意図があるのか?




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?