感涙のコレクティブミニカー

- 1/66 -

某ブランド  CITROEN DS19

MADE IN ???

き得れば、そのクルマが生まれた時代の空気を感じさせてくれるようなつくりを。

それが、大人向けのコレクティブミニカーに対する、第三世界的なささやかなねがいだ。
最新の技術で細部が精緻に作り込まれていても、むしろ伝わってくるのはハイテック感ばかりだから。

そういう意味では、仏ノレヴのレトロシリーズとかは、大人のコレクティブとして結構いい線行っていると思う。
だけども、諸兄ご承知の通り、小スケールとしては大柄すぎるきらいがある。
英国のオックスフォードも、車種選択といい雰囲気といい、実に魅力的だけども、惜しむらくかな1/76なので、当方のレンジ外だし。




1/60~1/66で、理想のコレクティブはないものか。
そんな思いがつのる中、発見したのがこのモデルだ。

往年の伊ペニーや仏チャンピオン、そして西独シュコーの流れをくむ1/66(感涙)。
ノレヴ・レトロシリーズを小型にし、さらに、まろやかさを加えたような可愛らしい雰囲気だと思う。
塗装は、艶やかに仕立てあげながらも彩度を落としており、同じ美しさでも、コンクール・デレガンス向けのレストア車ではなく、当時のアドや実車カタログの色使いを想起させる。
米国ブランドのコレクティブとは明らかに異なる文脈にあるモデルだ。

それもそのはず、このDS19は、とある欧州ブランドの63周年記念モデルなんだとか。

続きは次回。






にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?