冷戦下に生まれて

- during the Cold War -

???  GAZ-69?

MADE IN USSR

シア車特集のラストは、MADE IN USSR のモデル。
実車は、50年代から70年代初めにかけて製造されたGAZ-69と思われる。つまり、西側と断絶していた冷戦真っ只中に、かの地で配備されていた軍用ジープだ。





第三世界的にGAZ-69としてみたものの、ミリタリー物に詳しい諸兄は疑問を持たれるかもしれない。
実車はもっとグリルが細く、ボンネットもコンパクトだ。だけども、ソビエト時代の軍用ジープを一通り眺めても、GAZ-69以外にこれといってあてはまるものは見当たらない。

モデルとしては60年代の金型のようで、実車再現性を重視したミニカーというよりは、洋の東西を問わない男児の定番の遊び、戦争ごっこ用のアイテムといったニュアンスが強いのだろうと思われる。なので、フォルムはラフである、と。

今回譲ってもらった個体はルースだった。ネットでパッケージを検索したところ、「兵器」「ソビエト製」を意味するロシア語が大きく書かれているのみで、西側製品のような玩具ブランド名は見当たらない。

ただ、ロゴマークらしきものがあり、ひょっとしたら、製造工場などを示しているのかもしれない。
ソビエト時代の玩具に詳しい方がおられたら、ぜひともご教示を。


【ロゴ?】










にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?