インターセプターを豪州のコレクティブと比べてみる

- VS Falcon XB by Biante -

L: GREENLIGHT  FORD FALCON XB
R: BIANTE  FORD FALCON XB GT


いインターセプターを、BIANTEのノーマルXBと比較してみる。

ご承知の通り豪州のBIANTEは、世界的にはマイナーながらも、クオリティといい値段といい、我が国のTLVに並ぶコレクティブだ。
今のようにトミーテック製品が高騰する前は、世界で最も高価な1/64シリーズだった。
出来も値段にふさわしく、レーサーでもノーマル車でも、実車の忠実な再現に力を入れている。

そういう作風のBIANTEによるノーマル車と並べてみても、GREENLIGHTのインターセプターは、「劇中車だからとりあえずそれらしい形に見えればよい」的なものでなく、ファルコンXBの改造車として納得できるようなモデルとなっている。
うむ。





さて、ノーマルのファルコンXB。
今でこそオージーマッスルカーの人気車だけれども、マッドマックスの殺伐とした世界観からするとさすがに地味、というか日常的すぎる。
インターセプターが劇中車としていかに秀逸なデザインだったか、あらためて実感できた次第だ。





The doorway to
Japanese collectors
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?