豪州のユートと音楽と

- UTE & music -

BIANTE  HSV VU MALOO R8

AUSTRALIA / CHINA


州ならではのスポーティなピックアップトラック(UTE)に、V8エンジンを積んだハイパフォーマンスカー。

荷台にカバー付きなのは、積載量よりも空力性能を優先するため? シューティングブレークのような形状じゃダメ? などという疑問はわくものの、少なくとも豪州の走り屋達には愛されている。
これもある意味、ガラパゴス的進化の事例か。 




…… …… ……

話変わって、
このところ、ブログ書きの合間に、ケルティック・パンクをよく流しっぱなしにしている。
日本ではアイリッシュ・パンクと呼ばれることも多く、昔、当方が熱心に聴いていたThe PoguesやLevellers、アイリッシュな音を取り入れたThe Waterboys、The Wonder Stuffあたりは、いずれもアイルランドもしくはイギリスのバンドだった。ちなみに、一部の同志ならご存知の当方のメールアドレスも、実は車名ではなく、とあるケルティック・パンクバンドにちなんでいたりする。

ところが、最近聴いている新しめのバンドは、音にせよビジュアルにせよ、アイリッシュ的な匂いがプンプンしていても、その出身国を知ってビックリ。

The Rumjacksは、シドニーのバンドだってさ。


The Rumjacks - An Irish Pub Song (Official Music Video)

The Rumjacks - Uncle Tommy (Official Video)

The Rumjacks - A Fistful O' Roses (Official Music Video)



The doorway to Japanese collectors
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?