FC2ブログ

ビンテージ解体

- disassembly -

PENNY  ALFA ROMEO GIULIA GT 1300 JUNIOR

MADE IN ITALY

ペニーのジャンク品を手に入れたので解体してみた。

67年から70年にかけて売られていたペニーと言えば、イタリアきってのビンテージ。
黒箱トミカがどんなに技術的に卓越していても、初期ホットホイールがどんなにデザイン的に見るべきものがあっても、色気という点では、イタリアン・テイストのペニーには敵わない(異論は認める)。
いずれにせよ、こんなジャンクでもなければ、もったいなくて解体する気になれないよね。

【解体前】




解体してみて、確認できたこと。

1)マテルのミニカー登場前にスタートしたシリーズだけあって、サスペンションのパーツはない。
2)小スケールにしてはシャフトがやたらと太い。
3)エンジンパーツはプラスチック(車種によってはダイキャスト製かも)。

ご覧の通り、塗装がかなりはげ落ち、シャフトには錆が発生している状態だった。
リペイントも視野に入れて、剥離剤に浸し、ボディに残った塗料を落とした。シャーシーと足回りは、酢につけて錆を落とした後、重曹で中和、プラパーツはマジックリンで洗浄した。

正月の間に、サフェーサーを吹くところまではやってみるつもり。





The doorway to Japanese collectors
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 2

Mon
2018.01.01
02:16

ねこざかな #JalddpaA

URL

わくわく

窓やヒンジノダメージが少なそうでよかったですね!
どんな仕上がりになるのか拝見するのが楽しみです♪

Edit | Reply | 
Mon
2018.01.01
23:28

ワイキキ #-

URL

Re: わくわく

例によって、どんな色にするか思案のしどころです。
実車に忠実にいくか、ペニーらしく仕立てるか。あるいは……。

あ、それよりも、エアブラシが詰まってないか確認しなくっちゃ。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?