第三世界的アルファロメオとは

- my custom of Penny -

PENNY  ALFA ROMEO GIULIA GT 1300 JUNIOR

MADE IN ITALY


い欧州ミニカーに興味がある人なら誰もがいつかはたどり着くであろうポリトーイ社のペニー。ビンテージとして定番中の定番のうえ、フェラーリやアルファロメオといったイタリア車も豊富だ。

そんなペニーのジャンク、しかもジュリアGTジュニアを手に入れたので、カスタマイズしてみた。






カスタマイズにあたってのコンセプトは、まず、古いペニーらしく仕上げること。
ショーロッド風のハデなペイントはもってのほかだし、細部に色を刺したり過剰に艶を出したりするコレクティブ仕様も、らしくない。
クアドリフォリオや三色のストライプを描いたレーサー風も、魅力的ではあれど、それはペニーではなかろうと。



ボディカラーは、昔のイタリアの街並みを走る大衆向けスポーツカーをテーマに、ご覧の通り、灰がかったペイルブルーを吹いてみた。アルファロメオと言えば、京商1/64のように鮮やかな赤や黄色、あるいは濃厚なイタリアンレッドあたりが王道なんだろうけども、エンスーによるレストア車っぽくなるのは避けた。

イタリアの古いAD(広告)の中にあるクルマって、小粋に描かれながらも、色合いは割と地味という印象がある。TLVのアルファロメオも、やはり当時の色合いの再現をねらっている風であり、第三世界的に、さらに大衆車っぽさを追求してみた。
おそらく、60年代のジュリアGTシリーズにしては古めかしすぎるカラーリングだけども、まあいいや。





とか考えていた矢先、たまたま友人から Gooding auction の現地写真が送られてきて、その中に、同じようなペイルブルーのアルファロメオがあった(50年代のジュリエッタだけど)。

パクったわけではないので、念のため > 同志。




The doorway to Japanese collectors
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 2

Tue
2018.03.13
20:57

t1059 #-

URL

こんばんは、t1059です。
傷だらけのジャンク品でも、綺麗にリペイントしてあげれば美しく蘇る、というのを再確認させられました。
それにしても、当時の大衆車の趣を上手く醸し出しているペイルブルーというカラーチョイス、流石です^^

Edit | Reply | 
Wed
2018.03.14
23:13

ワイキキ #-

URL

リペイント

お褒めにあずかり恐縮のワイキキです。

ジャンクもこのうえなく愛している当方ですが、二台目のジャンク品が手に入ったので、リペイントしてみました。

ペニーでなく、レギュラーホイール時代のマッチボックスがジュリアGTをつくっていたら……というネタも考えられます。
その場合、色は、白か銀色でしょうか。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?