クラウン・バンにシークレットはあるか?

- secret of Crown -

TOMICA LIMITED VINTAGE NEO  TOYOTA CROWN VAN DELUXE

JAPAN / CHINA

々月に発売された、4代目クラウン後期型のバン。

ボディ色は、ご覧の通りグリーン。
購入前に見た公式サイトやネットショップの画像だと、輝度・彩度ともに高く、現実味のないキンキラリンな色合いだった。
「トミーテックったら、インスタ映えなんかねらって~(笑)」というのが第一印象。

ところが、公式サイトによる説明によると、「ボディ色は渋いグリーン」だそうな。
え? 渋い?

届いた実物を手に取ってみると、たしかに彩度が低く、落ち着いた渋い緑色となっている。
こんな鶯色のクラウン・バンが実際にあったのかはさておき、トミーテックの説明通りだ。
SNSでのウケをねらって色を選ぶような人はがっかりするだろう。

にかかわらず、いざ自分でデジカメ(RAW)で撮影してみても、なぜか、キャンディカラーがわずかに混じったようなキラキラなグリーンになる。コレクター諸氏が撮られた、他のブログに掲載されている画像もそうだ。
(今回のエントリーに使っている画像は、できるだけ実物に近づけるようフォトレタッチしている。)

な~んか、不思議。カメラのイメージセンサーが騙される?
このクラウン、塗料やクリアコートに何やら秘密があるんじゃなかろうか?






The doorway to Japanese collectors
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?