幸せの青い鳥たち

- Blue birds -

LLEDO  1935 BLUE BIRD

MADE IN ENGLAND

初に自動車史に登場するブルーバードと言えば、ファーイーストで造られた小型乗用車ではない。
30年代に、英国のレーサー、マルコム・キャンベルの手により幾度となく速度記録を更新した、青いレコードブレーカーのほうが先だ。

ブルーバードは、それこそ戦前から、メルクリンなどいくつかのブランドによってモデル化され、各国の少年たちに愛されている。
ティントーイなどのオモチャも、素材を問わず数多くつくられたろう。



さて、マルコム・キャンベルのレコードブレーカーも、我が国のブルーバードも、メーテルリンクの戯曲からネーミングされたそうな。

ホントに、偶然なのかなあ?
揺籃期とは言え、自動車会社の人間が、海の向こうで名を馳せたレコードブレイカーを知らないというのは信じがたい。
お偉いさんはともかく、海外に通暁した人材だって山といる業界だろうに。

…… …… ……

あ、なるほど。

レコードブレイカーよりも大衆車。
幸せの青い鳥は身近にいたという、戯曲に沿ったメタファーね。






The doorway to Japanese collectors
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Comment 0

WHAT'S NEW?