由緒あったりする

缶ケース に様々なクルマの写真が使われている
トンボ製12カラー色鉛筆

よく見るとわかるとおり 写真は実車ではなくミニカーで
しかもそれらはすべて
かの世界的コレクター中島登さんが選んだもの

そう この色鉛筆の正体は
70年代にJMACの会長さんが監修したものだというわけ



ご本人の解説入り→文面


※中島登さんについての過去エントリー→こちら
※AMAZONで検索した中島登さんの本→これとかこれ

まあ ここまではネットでありがちな発掘話なんだけど
実はこれ 中島さんのご親族がオクに出したものだったりする(!)

たぶんワイキキと同年代であるその出品者さんが
お父上の××である中島さんから直接いただいて
そのまま20年から30年未使用だったものらしい
(オクの商品説明が作り話では?という疑いもあってメールをやりとりしたところ ご親族ならではの話が出てきて すべてホントウだと判明!)


中島文書(→ワイキキ命名)の延長線上の資料として入手したものが
見事 由緒あるお品だったという話
ほぉ~

いつか“正しき場所”が見つかるその日まで
大事に大事にあずかるとしましょ…

Comment 0

WHAT'S NEW?